royale with cheese

チーズバーガーみたいな事を書いていこうと思います

Khruangbin

f:id:royalewithcheese:20180814223552j:plain

 

ブログ開始当初の意気込みは何処へやら、今後も思い出したようにえっちらおっちら更新して参りたいと思います。

 

さて、道外各地域が身の危険に迫る猛暑に苛まれている中、エアコンどころか扇風機すら数日程度の快適空間(夏限定)の我が家に一通の暑中見舞いが届きました。

 

 

そこには今年31歳とは到底思えない、小学生が始めて書くローマ字のような字で一言だけ

「khruangbin聴いてるか?」

 

一目ではメッセージの意図が分からず一瞬考えましたが、恐らく深い意味はありません。

音楽の趣味は信頼出来る彼だからこそのレコメンド方法でしょう。

 

 

前置きがやや長くなりましたが、こんな湿気の少ない北海道でも聴きたくなるのは専らkhruangbin ばかり。

 

第一印象はとにかくギター弾きまくる。そんで上手い。弾きまくってるけどもの凄く聴き心地がいい。

ライナーノーツによると5、60年代タイファンクから大きな影響が、って何だそのジャンル。

フロント2人の尖り気の少ないエキゾチックな風貌に騙されがちだが、ギターのストロークで鍛えられた右腕を見る限り多分そんなキャラじゃなく純粋なギター小僧だったんではないか。特にギターソロにはどこかジョンフルシアンテ的情緒を感じる。

 

今年セカンドアルバムを出したということで慌てて来日公演を調べたが今のところ情報無し。とりあえずフジロックがさっさと押さえとく気がしないでもないが、映像を見る限りオーディエンスが沢山集まるような野外ライブも非常に盛り上がったのでwessあたりには是非頑張って頂きたい。

オザケンsay something loving

f:id:royalewithcheese:20170514001008j:plain

 

The XXと小沢健二を聴いてます。

 

本人たちも「いつも全身黒い服着てそうと思われる」と言う通り、メランコリックな曲調で声を張らずに歌うといった印象が強かったThe XXの新譜をNORTH WAVEで聴いた時はうお!何か明るい!とたまげたもんです。

 

明るいだけじゃない。月並みな表現で甚だ恐縮ですが、曲も歌も演奏も全てが良い。これをリアルタイムで体験出来る特権といいますか、これから先はずっと続かない青春的な美しさと言いますか、本人たちもそんな自覚あるんじゃなかろうか。

今回からディレクションしているAlasdair Mclellanのpvもめちゃめちゃ良い。自分が映像作品を撮るならこんなのが作りたいのに、やられたー!!という気分です。いや作っても作る予定も無いんですけど。

 

 

 

 

そんなタイミングで小沢健二の新譜を聴いて、昔の曲も聴き始めてます。

オザケンが一番テレビに出てた時はまだ小さかったんでカローラ2の曲くらいしかまともに覚えてないですが。「おやすみなさい子猫ちゃん」といった顔から火柱級のタイトルセンスにあの見た目、発言総じて醸し出るプリンス感といったら、きっと今だったら星野源以上にオーバーグラウンドな人気があったんでしょうね。。

 

要するに、良いものは良いんですよね。

 

 

違うと思った事は違うと言わなきゃだめですよね。

 

 

善意と善行は違いますよね。

 

 

 

 

おあとがよろしいようで

District 9

f:id:royalewithcheese:20170420224745j:plain

 

 

僕は頭が良いマッチョのイケメン、a.k.a オジマンディアスが頑張る映画も好きですが、自分もどっちかって言うとクズなのでやはりダメなやつがなけなしの勇気を振り絞る映画にぐっときます。

 

その点『第9地区』の主人公ヴィカスは素晴らしい。

軍事兵器会社に勤め、エビ型エイリアンの立ち退き責任者に抜擢という栄転なのかよくわからない仕事をしているヴィカス。

ぱっと見冴えない中間管理職的な風貌ではあるが仕事をやらないダメ人間って訳でも無い。やり甲斐のあるこの会社に誇りを持ってます的な事も言うし、割と気さくな雰囲気で周りからの評判も上々。英雄にも小悪党にも見えないこの「普通」な感じが後効きしてくるわけです。

立ち退きが始まるとあいつら人じゃねえから別にいいっしょなテンションでなかなかの自己中っぷりを振り回してるが、ひょんな事から急展開。

弱者の立場に変わり、最後の最後にロケットランチャーを掴むヴィカス。さりげない観客目線の逆転も、事後から始まる映画全体の構成の見事さもあるが、映画全体のテーマに相まってスラム描写の中で強烈だったのはエイリアン隔離地区を仕切っているナイジェリアギャング。エイリアンの好物であるキャットフード闇市、エイリアン相手の売春(!)等、途切れに映る見た目以上の存在感が半端ないんです。あんなパワープレー無いでしょう。

 

演じたシャールト・コプリーはその後ハリウッド級大作映画にフックアップもされ、ニール・ブロムカンプの次作『エリジウム』では豪傑感の無い中ボスみたいな役もやってましたが、自分はヴィカスが好きです。

The Neon Demon

 

f:id:royalewithcheese:20170416213212j:plain

 

 

ニコラス・ウィンディング・レフンについて、僕は御多分に漏れず『Drive』で知りました。公開直後、当時の同居人から猛烈にプッシュされ、どれ観てやるかと劇場に向かいまんまとドハマりしたクチでございます。

 

記憶ではドライヴがレフン作品の中で日本初公開だったので、そこからDVDやユーロスペースで開催していた北欧映画祭にて過去作を遡り大体の作品は観たかなと思います。

個人的にはプッシャー三部作、ブロンソン、ブリーダー等熱量の差はありますが基本どれも肯定派です。いや『Fear X』は眠かったか。。

どれくらい好きかというと結婚式の新郎新婦退場後のエンドロールでA Real Heroを流したいと提案する程、寡黙な男の後ろ姿に痺れたもんです。

 

 

そんな任侠スタイルど直球映画からOnly God Forgivesを経て、公開された情報とトレーラーを見て「おぉ…なんか楳図っぽい!」と一人盛り上がっていたわけですが。予想通り、いや予想を超えて大満足な映画でした。

 

モデルを夢見て田舎から出てくるエルファニング、やがて(生まれつきか?)自分の美の才能に気づいていきトップモデル街道を突き進むが…という話ですが、取り巻くベラ・ヒースコートアビー・リー・カーショウがとにかく良い。食うか食われるかの厳しい世界を生きるモデルとしての実在感に加え表情、声、整形マシーンっぷりを体現したような走る時の姿勢の良さとか最高。

上り詰める執念なんかはブラックスワンを連想したが、「悪いけどあなたに人生なんてないのよ…」なんてセリフがあっても違和感ないくらい、若さと美への固執はやはり楳図イズムを感じずにはいられない。ベラヒースコートが吐き出すシーンに「ペツャッ」っと擬音が付いてんじゃないかなんてね。

 

音楽もいかにもレフンなコントラスト強めのスタイリッシュな映像にばっちりだと思います。ドライヴみたいなアナログシンセサウンドじゃちょっと違う。

 

割と瞬きせずに目ギンギンで見ていましたが笑えるシーンもしっかりあります。カリスマスタイリストの唾ゴックンギャグ、あれ超好き。

 

 

そんなこんなで賛否両論あるのか知りやせんが、新作が出たらチェックすべき監督なのは間違いないと思います。

 

 

 

ちなみに先述のエンドロールの件はやんわりと却下、でございました。

 

おわり

始めます

何となくブログを始めようかなという気持ちは有りつつ

自分から何かを発信する事が得意じゃなかったので、twitterinstagramなどでちまちまと日記代わりの更新が続いていましたが

東京から札幌に住まいと職を変え、好きなものに触れる機会も少なくなってきていたので、趣味の事など見返したら面白いかなという感じでこのたびの開設に至りました。

 

 

あとオデッセイのマークワトニーみたいな事がやりたかったんです。

 

 

ということで主に映画、漫画、音楽あたりの話題になると思います。

 

 

表題は新宿アンチノックに出てそうな硬派なバンドの、ライブ開始の一言的な感じで

 

 

しくよろ